スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

入会のご案内

デザイン・構成・創造(SIG-DCC)

「デザイン・構成・創造」 研究分科会は、デザイン、構成、創造について、多角的な議論を積み重ねる目的で設置されました。
デザインは既にデザインされているものごとに埋め込まれている知性と新たな知性を加えてなされるという意味で構成的であり、デザイナーの知性によって想定できる範囲にとどまらないものごとが創発する可能性があるという意味で創造的であります。
認知科学からデザインへのアプローチを通して、認知科学を人間の深い理解を踏まえて未来社会のデザインに貢献する契機としようと考えております。

主査および事務局

主 査 荷方邦夫(金沢美術工芸大学)
幹 事 田中吉史(金沢工業大学)
    青山征彦(成城大学)
    長田尚子(立命館大学)
事務局 猪股健太郎(熊本学園大学)
    〒862-8680 熊本県熊本市中央区大江2丁目5-1
    熊本学園大学
    電子メール:ke-inomata[at]kumagaku.ac.jp
    ([at]をアットマークに変更して下さい)

最新情報

DCCより2022年度第3回目のニューズレターをお送りします。

オーガナイズドセッション(OS)開催のお知らせ

以下の通り,認知科学会第39回大会において,オーガナイズドセッションOS14「共創のエージェンシー :つながりのクリエイティビティ」を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

開催日時:9月10日(土) 13:00-15:00
開催場所:zoom
プログラム:
OS14-1    宇宙はつらいよ。超小型人工衛星の開発を事例とした越境的創造性の考察
           小池 星多(東京都市大学)
OS14-2    誰ひとり置いていかないまちづくりの拠点: 創造性の生まれる場としてのコミュニティスペース
               鈴木 晶子(認定 NPO 法人フリースペースたまりば)
OS14-3    創作と鑑賞のインタラクション:俳句創作が俳句と水墨画の美的評価に与える影響
                櫃割 仁平(京都大学),野村 理朗(京都大学大学院教育学研究科)
OS14-4    演技訓練場面におけるインタラクション構造とその中での専門家と初心者の違い
               Jingyan Sun(東京大学),岡田 猛(東京大学大学院教育学研究科)
OS14-5    芸術家は創作をどのように教えるのか?ー音楽大学の作曲科教員へのインタビューを通して
                田中 吉史(金沢工業大学)
OS14-6    共創場面における共愉的な協働の特質
                荷方 邦夫(金沢美術工芸大学)

なお,zoomに関しては,大会参加申込みをされた方に大会から通知されるURLをご参照ください。

不明な点は事務局等にお問い合わせ下さい。どうぞよろしくお願いいたします。