スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

間合い-時空間インタラクション(SIG Maai)


間合いは日常生活に溢れている。例えば、対戦型のスポーツ(野球、サッカー、柔道、剣道、空手、柔術など)、コミュニケーション(会話、プレゼンテーション、交渉など)、舞台演技、楽器演奏、介護・看護の場においては、適切な間合いをつくりだすことが求められる。間合いは、時間の流れのなかで、空間的な位置関係に立脚して、絶え間なく生起するインタラクティブな現象であると考えられる。認知科学はひとが暗黙的に了解しつくりだすモノゴトの秩序を解明し構成方法論を探る学問分野であるが、いまだかつて間合いの問題に正面から探究のメスを入れたことはない。間合いという現象に着眼することを介して、ひとの知性を深く探究する分科会として、本会を立ち上げました。

主査および事務局

主査諏訪正樹(慶應義塾大学)
事務局西山武繁(慶應義塾大学SFC研究所)
坂井田瑠衣(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科)
〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322 慶應義塾大学環境情報学部・諏訪研究室内
電子メール:maai-admin[at]sfc.keio.ac.jp
幹事伝康晴(千葉大学)
高梨克也(京都大学)
郡司ペギオ幸夫(早稲田大学)
三宅美博(東京工業大学)
日高昇平(北陸先端大学院大学)

最新情報

「間合い-時空間インタラクション」研究分科会のホームページをご覧下さい.