スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

野島久雄賞

「野島久雄賞」は,元『認知科学』編集委員長であり認知科学会に多大な貢献のあった野島久雄氏のご遺族から,
認知科学会の若手支援のためにご寄附の申し出があり,その提案をもとに設置されました.野島久雄氏は,個人
の思い出,人とモノのインタラクションから社会における人々のネットワークまで幅広い対象を研究していまし
たが,「人間の日常生活の中で多くの人が見逃してしまう一見些細なことに面白さを感じる精神」(鈴木, 2012)
や「ありとあらゆるものを認知科学の題材として興味を持ちそれを展開し,問題の本質を問いつないでいく研究
者としての姿勢」(原田, 2012)と語られるように,身近にある興味深い現象を発見して検討を進め,そこで得ら
れた知見の面白さをわかりやすく人々に伝える研究者でした (新垣, 2012).

「野島久雄賞」は,野島久雄氏の遺志を引き継いで認知科学を発展させるために,野島久雄氏の研究分野である
人と人,人とモノ,モノを介したネットワーキングにかかわる領域で,「面白い!」と思える卓越した認知科学
的研究を行った40歳以下の若手・中堅研究者を顕彰することを目的としています.野島久雄賞選考委員 会は,
毎年4月から翌年3月末の期間で野島久雄賞の候補者を認知科学会会員に広く公募し,推薦された内容に基づき
選考を行っています.

新垣 紀子 (2012). 野島久雄さんの足跡. 『認知科学』, 19, 142–143.
鈴木 宏昭 (2012). 野島久雄という知性. 『認知科学』, 19, 144.
原田 悦子 (2012). 野島さんという認知科学の形. 『認知科学』, 19, 145.
規程はこちらです。
http://www.jcss.gr.jp/about/rules.html

候補者推薦のお願い

日本認知科学会 野島久雄賞・候補者推薦のお願い
原田悦子(野島久雄賞選考委員会 委員長)


日本認知科学会では,2013年度に「野島久雄賞」を設置し,人と人,人とモノ,モノを介したネットワーキング
にかかわる研究領域で,「面白い!」と思える卓越した認知科学的研究を行った若手・中堅研究者を顕彰してい
ます.これまで受賞者の方々には,夏の大会でご自身の研究を紹介していただきました.

つきましては,みなさまに野島久雄賞の候補者をご推薦いただきたいと思います.推薦は記名式で,自薦・他薦
を問いません.またお一人で何名ご推薦いただいても結構です.候補者1名に付き,推薦書1通をお書きください.
フォームにご記入の上,ご提出ください.野島久雄賞の選考は同選考委員会により,規程にしたがって行われます.
ご協力のほど,よろしくお願いいたします.

※ 野島久雄賞・受賞資格:
a)日本認知科学会の会員であり,4月1日時点で40歳以下であること.(受賞資格については、選考委員会で学会
事務局に照会いたしますので詳細が確認できない場合でも,ご推薦ください.)
b)人と人,人とモノ,モノを介したネットワーキングにかかわる研究領域で,多くの研究者・興味を持つ人に
「面白い」と思わせる卓越した認知科学的研究を行っていること.

〆切:3月31日
送付先: 野島久雄賞選考委員会 HNaward[at]jcss.gr.jp ([at]を@に置き換えて下さい)

※推薦について
a) 1回の推薦は2年間有効とします.
b) 候補者に直接連絡を取る可能性があります.
(年齢の確認,非会員であった場合は,会員になると候補者になる旨の通知のため)


ファイルイメージ

推薦書

受賞者と授賞理由 (所属は授賞時)

第4回(2016年度)

阿部 慶賀 氏(岐阜聖徳学園大学)
研究テーマ:創造性,身体性に関する研究
授賞理由:
阿部氏は,洞察問題解決や創造性の研究を行ってきている.創造性の研究は,頭の中の思考過程に着目した
研究が多くなされてきたが,阿部氏は,そこに身体性という観点を導入し,外部の資源と人間の認知を身体が
繋ぐことが人の思考に影響を与えていることを明らかにした.

また,阿部氏の研究は,問題設定とアプローチが斬新であるところに特徴がある.アイデアや着眼点がよけ
れば,高度な機材や複雑な解析法がなくても優れた研究ができることを示した優れた事例であり,こうした
点も野島久雄賞にふさわしいと評価された.身体性の研究はその現象の面白さのみが注目されがちであるが,
今後,阿部氏がその背景にある認知メカニズムにどのように迫っていくのか,さらなる展開を期待して野島
久雄賞を授与する.

猪原 敬介 氏(電気通信大学)
研究テーマ:読書が文章理解に与える影響に関する研究
授賞理由:
猪原氏は,読書習慣が人の読解力に与える影響を,様々な側面から検討してきている.読書行動は身近な
活動であるが,これまで認知科学ではあまり着目されてこなかった,特に,読書という活動が人間の語彙
獲得のメカニズムにどのような影響を与えているのかという点は(一般知としては語られても)科学的成果
としては明らかにされてきていない.この問題に対して猪原氏は,人が「読む」対象のジャンルによって,
形成される語彙傾向が変わることを,計算モデルに基づくアプローチで明らかにした.また,教育現場の
教員との協力の上で,小学生の読書量の大規模調査を行い,読書と言語力との関連性を量的に明らかにする
など,多様なアプローチで読書行動に関わる認知過程の研究に切り込んでいる.教育の現場から得られた
研究成果を現実社会に提供し,「社会」に貢献しようという姿勢が野島久雄賞にふさわしいと判断された.

電子教科書をはじめ,読書を取り巻く環境が変化する社会の中で,今後,社会に直接役立つどのような
知見を出していくのか,さらなる展開を期待して野島久雄賞を授与する.

第3回(2015年度)

大澤 博隆氏(筑波大学 システム情報系)
研究テーマ:直接擬人化手法の開発と,それによる新しい人と人工物との関わり方への新しい問題提起
授賞理由:
大澤氏は,人工物に直接に目や腕のロボットパーツをつけるという,直接擬人化手法を開発し,これま
でにない大胆なアプローチで人工物の擬人化を実現した。従来,擬人化を推し進めるためには,いかに
人に似せたロボットを作るかというアプローチが考えられてきた。しかしながら大澤氏は,プリンター
や電子レンジのような人工物そのものが目や腕を持つことで直接ロボット化し,その結果,より効率的
に人に情報伝達ができることを実証した。このような人工物と人との関わり方は,認知科学に新たな問
題提起をするものであり,こうした独創的なアプローチは,野島久雄賞にふさわしいと考えられた。
今後さらに,こうした擬人化システムと人とのインタラクションにおいて,どのような可能性が見出さ
れるのか、またそこから人の認知的過程について,どのような知見を得ることができるのか,大いに期
待されるところである。

清河 幸子氏(名古屋大学 大学院教育発達科学研究科)
研究テーマ:洞察問題やアイデア生成などにおける,他者とのインタラクションにおける多様性に着目
した研究
授賞理由:
清河氏は,メタ認知をはじめとした認知科学の中心的なテーマを積み重ねた研究を幅広く行っている。
中でも洞察問題やアイデア生成などにおけるテーマにおいて,他者とのインタラクションにおける多様
性に着目した研究を一貫して行っており,外界情報が人の問題解決に与える影響を,計画的な実験と緻
密な分析によって明らかにしている点が野島久雄賞にふさわしいと判断された。清河氏は,好奇心旺盛
でさまざまな研究者と共同で多様な分野の研究を行っている。今後,清河氏が,これまで行った研究を
統一的につなぐどのようなメッセージを認知科学へ提供してくれるのか,さらなる活躍が期待される研
究者である。

林 勇吾氏(立命館大学 文学部)
研究テーマ:擬人化エージェントを利用した,新しい協同問題解決の実験パラダイムの構築
授賞理由:
林氏は,協同問題解決における新たな実験パラダイムを構築した。すなわち,従来,複数の参加者やサ
クラを用いて行われてきた協同問題解決の実験において,擬人化エージェントを利用して対話をさせる
という実験パラダイムを構築することにより,さまざまな研究を行ってきている。コンピュータである
ことを検知させずに人と対話することが可能なシステムの構築は,並々ならぬ努力によって成し遂げら
れたものだろう。このシステムを利用することにより,従来困難であった協同問題解決実験における対
話相手に関する変数のコントロールが可能になり,対話人数の効果や人とエージェントとのインタラク
ションの可能性など,多様な研究を可能にした。今後,この実験システムを利用してどのような認知的
メカニズムが明らかにされていくのか,さらなる活躍が期待される。

第2回(2014年度)

高橋 英之氏(大阪大学)
授賞理由:
高橋英之氏は,ロボットのコミュニケーションの研究を通して,人の自己や他者という概念がどのように構築さ
れていくのか,そのメカニズムについての研究を進めている.高橋氏の用いる手法は幅広く,fMRIによる脳計測,
心理実験による視線や行動の観察をはじめ,最近では,生理的な指標なども導入して精力的に研究を進めている.
従来,主として主観的な指標で検討されていた人―ロボット間の相互作用を,多様な客観的指標を用いるアプロ
ーチをとることにより,主観的評価では得られなかった認知・行動のレベルでの人のロボットに対する反応を明
らかにしていること,また現象を記述するばかりでなく,包括的な計算モデルを構築する試みも行っていること,
研究対象も赤ちゃんから自閉症児まで非常に幅広いことを含め,さまざまな対象に対し,情熱を持って研究活動
を行っている姿勢は,野島久雄賞にふさわしく,今後の活躍が期待される研究者である.

松原 正樹氏(筑波大学)
授賞理由:
松原正樹氏は,オーケストラのスコアリーディングの学びを支援するシステムを構築し,それを実際に長期間に
わたって利用する過程を分析する実験を通じて,メタ認知研究を進めている.オーケストラのスコアは,複雑で
あり,また多義性や曖昧性をもつものであるが,楽譜に色を重畳することにより,それを読む人が主体的に意味
を考え,学習を促進させる過程を明らかにした.音楽という複雑な研究対象は,対象を単純化して研究を進めが
ちであるが,本研究では複雑なままに対象を捉え,長期間にわたってその効果を検証することで粘り強く研究を
進めている点において,野島久雄賞にふさわしいと判断された,これまで,音楽,なかでもオーケストラ演奏を
対象とした研究が進められているが,学習者の思考や解釈を外化することで学びを促進させる仕掛け作りは他の
分野への応用の可能性が大きくあり,今後の活躍が期待される研究者である.

第1回(2013年度)

岡部 大介氏(東京都市大学)
授賞理由:
岡部氏は,プリクラを用いてコミュニケーションをする女子高生,モバイル機器を纏うことで街の中に自分の居
場所を作る人々のような身近なコミュニティや空間を対象として研究を進めてきた.現代社会における人々の生
態を,フィールドワークやインタビューを重ねて収集した重厚なデータによって見事に記述している.

認知科学に掲載された論文では,男性同士の恋愛を扱う漫画を好んで読む腐女子(婦女子の自嘲的なパロディ)
を対象とした.腐女子は,社会的に普通の女性よりも下位であると自認することから,腐女子であることを不可
視化するが腐女子コミュニティでは,その不可視化実践をネタとして可視化することにより,アイデンティティ
を構築していた.この論文は,インターネット上に公開されている『認知科学』の中で最も多くダウンロードさ
れたものであり,会員外に広く読まれたと考えられる.

認知科学の枠を超えて興味を持たれるテーマに着目し,その成果を普及させた岡部氏が,次に何に着目してどの
ような人々の実像を読み解くのか,またこれらの成果からどのような「より普遍的な,人の認知的過程に関する
知見」に新たな示唆をもたらすのか,期待させられる研究者である.

小松 孝徳氏(明治大学)
授賞理由:
小松氏は,ヒューマンエージェントインタラクションの分野において、Artificial Subtle Expressions (ASEs)
という概念を定義し,その意味を考察することで,人とエージェントのコミュニケーションを円滑にするための
研究を活動的に行ってきた.ビープ音やLEDの明滅といった単純な表現により,エージェントの内部状態(確信
度の低さなど)を,ユーザに直感的かつ正確に伝達できること,エージェントが人間のように振る舞うよりも,
ASEsを用いたシンプルな仕掛けのほうが,ユーザに不快感を感じさせにくいことなどを示した.また近年はオノ
マトペを用いてロボットとコミュニケーションできるような直感的なインタフェースの実現を検討し,多様な分
野の研究者と協働してオノマトペの研究を広く展開していこうとしている.

このように,小松氏の研究は,プロソディをはじめとするコミュニケーションにおける多様な情報が,人間の社
会的行動に与える影響を明らかにすることを通して,人間とエージェントの豊かなインタラクションの可能性を
探求している.一つの仮説的なモデル・概念を提言しつつ,多くの確かな心理学的実験によりそれを裏付けてい
くという小松氏のアプローチは,認知科学研究を目指す若手の研究者にとって一つの模範になるものと考えられ
る.今後のさらなる活躍が期待される.