スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

第五回認知科学若手の会ワークショップ

概要

前回のワークショップに引き続き,名古屋で第5回ワークショップを実施いたします. 今回の研究会の趣旨は,若手が認知科学の研究発表を積極的に行える場を作ることです。学部生や大学院生も気軽に参加できるものにしたいと考えております。

  • 日時:8月9日 (金) 13:00-18:00
  • 場所: 場所: 名古屋大学 情報学研究科棟4F 第5講義室
    (アクセス: http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/)

  • 定員:なし

  • 対象:認知科学に関心を持つ,学生・研究者。
  • 参加費:無料
  • 問合せ先:shimojo[atmark]cog.human.nagoya-u.ac.jp (プログラム委員長:下條朝也)
  • 主催:認知科学若手の会
  • 大会委員長:崔豪准
  • プログラム委員長:下條朝也

参加申し込み

参加申込みはこちら!

懇親会

  • 時間: 18:30 - 21:00 (予定)
  • 場所: 本山駅付近(名古屋大学から徒歩10分程度)
  • 予算: 3,000円程度

プログラム

発表概要の詳細はコチラ

12:00 - 13:00  教室開放

13:00 開会

13:00 - 18:00 発表&質疑応答

13:00~14:00 二宮由樹(名古屋大学) タイトル「次善解から最善解への転換に対する潜在的認知過程の影響」

14:10~15:40  ポスターセッション 発表者一覧(敬称略,同不順)

  • 下條朝也「説明の因果構造が確率推定に及ぼす影響」
  • 山本裕美子「没入型VR環境下における速度順応の影響―二次元呈示との比較―」
  • 鈴木萌々香「日本人とアメリカ人が謝罪を表す顔文字から受ける印象の比較」
  • 西川琴実「劣化音声の知覚的明瞭度に対するプライミング効果の検討」

15:50~16:50  長谷川洋輔(中京大学) タイトル「対応型視野闘争による両眼立体視の消失対応型視野闘争による両眼立体視の消失」

17:00~18:00  崔豪准(名古屋大学) タイトル「聞き手の複数非言語行動による話し手の発想への影響」

18:00   クロージング・閉会

※ 口頭発表の持ち時間は,発表30分・質疑30分の計1時間といたします