キーワード索引

妥当性評価

  • P2-50
    近藤 大貴 (慶応義塾大学 政策メディア研究科)
    今井 むつみ (慶応義塾大学 環境情報学部)
    人が妥当性を推論するとき、論理ではなく結論と自分の考えの近さによって妥当性を評価する傾向があることが知られている。今回はその傾向を踏まえ、自粛の是非などの意見が述べられた、人々が日常で評価するような文章を用いて妥当性評価のメカニズムを探った。結果、妥当性評価には、先行研究の通り結論と評価者の考えの近さに加え、文章で引き合いに出される根拠一つ一つのもっともらしさが重要であることが示唆された。