スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

「認知科学」特集(第29巻第3号・2022年9月号)論文募集のお知らせ

特集タイトル合理性をめぐる認知科学
掲載予定巻号2022年9月号(Vol. 29 No.3)
担当編集者本田秀仁(追手門学院大学)・ 眞嶋良全(北星学園大学)

企画趣旨

 認知科学では,「合理性」というキーワードで,様々な議論が展開されている.例えば,合理的経済人(ホモ・エコノミクス)として人間を捉え,合理的とされる規範との整合性に関する議論(規範的合理性),環境の中での適応的な生存,行動,または認知を重視する議論(適応的合理性,Hertwig et al., 2019; 進化的合理性,Stanovich, 1999; 生態学的合理性,Todd et al., 2012),種々の環境および認知の制約を考慮に入れた上で,その制約の下で一定の水準を達成しているか否かについての議論(限定合理性,Simon, 1955; 資源合理性, Griffiths et al., 2015),人間の認知が直面する問題に対して,どのような計算処理がなされ,解決しているかについての議論 (計算論的合理性,Gershman et al., 2015; ベイズ的合理性,Oaksford & Chater, 2007) などがある.
 合理性に関する議論は,認知の本質に迫る発端となりうる.例えば,規範と実際の行動の間に存在する系統的なギャップについて解明を試みるヒューリスティック・バイアスアプローチ(Tversky & Kahneman, 1974)は,思考の二重過程理論に繋がり,多数の理論的,また応用的側面からの研究を生み出した.近年では,二重過程理論で長く支配的であった,最小限の認知資源で起動するタイプ1過程に由来した初期解を,より多くのリソースを要するタイプ2過程によって合理的な解へと修正するというデフォルト介入 (default interventionist) 論とは異なるプロセスを考える理論(例,論理直観モデル,De Neys, 2012; 三段階モデル,Pennycook et al., 2015) も提唱されている.この新しい理論群では,タイプ1過程で生じた複数の直観解(この中に基本的な規範的知識から導かれた「直観的規範解」が含まれる)の間で生じる葛藤の解消をタイプ2過程の機能と位置づけることで,従来の理論では説明できない諸現象の説明を試みている.例えば,操作的にタイプ2過程を誘導すると,直観的規範解から誤った解へと変更してしまう事が生じる (De Neys, 2018) というのは典型的な例である.また,現実世界の思考に目を向けると,党派性バイアスによる誤った判断では,むしろ分析的思考が対立意見の過小評価に繋がることも明らかになっている (Kahan, 2013).特に政治が関わる領域においては,長らく集団分極化による社会の分断が問題となっており,冷静かつ客観的な思考に繋がるはずのタイプ2過程が,逆に分断の加速を招く,すなわち非合理的な結果を招くことが示唆されている.
以上の議論では,思考,推論,判断,意思決定に代表される高次認知に関するものが多いが,合理性の議論は高次認知の専売特許ではない.例えば,判断や意思決定におけるバイアスは,しばしば知覚に関する錯覚になぞらえられることが多い (Kahneman, 2003).近年,この「錯覚」アナロジーについて,大変興味深い議論が行われている (Felin, Koenderink, & Krueger, 2017; Chater et al., 2018).このような議論は,判断や意思決定,そして知覚という一見すると全く異なる認知的処理を行っているプロセスであっても,合理性という共通した視点から捉えることによって,それぞれのプロセスについての深い洞察が得られることを示唆している.
また近年のAIブームは,認知の合理性の議論に対して,新たな展開につながる可能性がある.例えば,“シンギュラリティ”といった用語を頻繁に見かけるように,AIの“知性”は,人間の知性を考える上で比較対象となることが多い.大変優れた”知性”を有する現代のAIの性質を考えると,人間は時間(限られたデータにしかアクセスすることができない),計算(人間はごく限られた計算しかできない),コミュニケーション(コンピュータの行うような分散処理,並列処理を可能にするようなデータ転送ができない)といった制約がある.このような制約は,表面的には人間の認知の合理性を妨げるもののように思える.しかし,人間はこれらをどのように解決しているのかを分析することで(帰納バイアス,サブゴールの設定,過去経験からの部分的解決法の活用,文化進化,など),人間の知性の特性が理解でき (Griffiths, 2020),ひいては認知の合理性についてもより理解が深まることが期待される.
 ここでは,合理性にまつわるいくつかの議論を例として挙げたが,これら以外でも,「合理性」にまつわる問題は多く存在し,認知科学における重要なキーワードになっているといえよう.そこで,『合理性』から認知を考える特集号を企画した.日本語または英語で書かれた研究論文,展望論文,短報論文,あるいは資料論文を募集する.認知の合理性について新規な研究成果を含むものであれば,実験研究,計算機シミュレーション,フィールドワーク,理論的考察等,内容を限定せずに歓迎する.

文献

Chater, N., Felin, T., Funder, D. C., Gigerenzer, G., Koenderink, J. J., Krueger, J. I., Noble, D., Nordli, S. A., Oaksford, M., Schwartz, B., Stanovich, K. E., & Todd, P. M. (2018). Mind, rationality, and cognition: An interdisciplinary debate. Psychonomic Bulletin & Review, 25, 793–826.
De Neys W. (2012). Bias and conflict: A case for logical intuitions. Perspectives on Psychological Science, 7, 28-38.
De Neys W. (2018). Bias, conflict, and fast logic: Towards a hybrid dual process future? In De Neys W (Ed.), Dual Process Theory 2.0. New York: Routledge. pp. 47-65.
Felin, T., Koenderink, J., & Krueger, J. I. (2017). Rationality, perception, and the all-seeing eye. Psychonomic Bulletin & Review, 24, 1040–1059.
Gershman, S. J., Horvitz, E. J., & Tenenbaum, J. B. (2015). Computational rationality: A converging paradigm for intelligence in brains, minds, and machines. Science, 349, 273–278.
Griffiths, T. L. (2020). Understanding human intelligence through human limitations. Trends in Cognitive Sciences, 24, 873–883.
Griffiths, T. L., Lieder, F., & Goodman, N. D. (2015). Rational use of cognitive resources: Levels of analysis between the computational and the algorithmic. Topics in Cognitive Science, 7, 217–229.
Kahan, D. M. (2013). Ideology, motivated reasoning, and cognitive reflection. Judgment and Decision Making, 8, 407-424.
Kahneman, D. (2003). A perspective on judgment and choice: Mapping bounded rationality. The American Psychologist, 58, 697–720.
Oaksford, M., & Chater, N. (2007). Bayesian rationality: The probabilistic approach to human reasoning. Oxford University Press.
Pennycook G, Fugelsang J. A., & Koehler D. J. (2015). What makes us think? A three-stage dual-process model of analytic engagement. Cognitive Psychology, 80, 34-72.
Hertwig, R., Pleskac, T. J., Pachur, T., & the Center for Adaptive Rationality. (2019). Taming Uncertainty. MIT Press.
Simon, H. A. (1955). A behavioral model of rational choice. The Quarterly Journal of Economics, 69, 99–118.
Stanovich, K. E. (1999). Who is rational?: Studies of individual differences in reasoning. Lawrence Erlbaum Associates Publishers.
Todd, P. M., Gigerenzer, G., & The ABC Research Group. (2012). Ecological rationality: Intelligence in the world. Oxford University Press.
Tversky, A., & Kahneman, D. (1974). Judgment under uncertainty: Heuristics and biases. Science, 185, 1124–1131.

投稿資格

 認知科学の研究者であれば,誰でも投稿できる(査読・掲載に関わる費用等について,詳しくは『認知科学』の投稿規程を参照する).
本特集では,まずプロポーザルの提出を求める.プロポーザルでは,論文の種類(研究論文,展望論文,短報論文,あるいは資料論文),1000字から3000字程度のプロポーザルの提出を求める.プロポーザルに対して,担当編集者が簡単な査読を行い,プロポーザルの採否を決定する.プロポーザルが採択された場合は,期日までに原稿の提出を求める.なお,投稿する原稿は,『認知科学』の投稿規程,執筆要領に従うものとする.

提出先

jcss.rationality[at]gmail.com [at]を@に置き換えること.
(提出後,1週間以内に,受領確認のメールを送付する)

原稿は,投稿査読システムを用いて投稿する.投稿方法は,プロポーザルの採択通知の中で知らせる.

スケジュール

2021年10月15日(金):プロポーザル締切
2021年10月29日(金):プロポーザルの採択通知と執筆依頼
2021年12月10日(金):原稿投稿締切
2022年1月28日(金):査読結果返送
2022年3月25日(金):修正原稿提出締切
2022年4月28日(木):再査読結果返送(採否決定)
2022年5月27日(金):最終原稿提出締切
2022年9月1日(金):「認知科学」第29巻 第3号掲載