スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

認知科学の発展

1988年から1993年まで出版した「認知科学の発展」の目次です。

第1巻

認知科学の発展 Vol.1,日本認知科学会編,講談社 1988,2,270円

タイトル著者ページ
巻頭言戸田正直
3囚人問題の解決と理解の過程をめぐって市川伸一1〜32
3囚人問題の理論的探求井原二郎33〜71
最小核モデルから観た連想記憶:ヒトの漢字情報検索における優先方略斉藤洋典
四方義啓
72〜111
異言語間対話を目指す端末間通訳モデル飯田仁112〜140
珠算式暗算における習熟:定型的熟達化の一事例波多野誼余夫141〜160
知識はいかに獲得されうるか赤間清161〜188
行動プランについて:感情のアージ理論拡張の試み戸田正直189〜209
日本認知科学会報および「認知科学の発展」編集後記西川泰夫

第2巻 特集「認知革命」

認知科学の発展 Vol.2,日本認知科学会編,講談社 1989,2,900円
特集「認知革命」 ゲストエディター:大津由起雄

タイトル著者ページ
認知革命---言語からのアプローチ大津由起雄1〜6
チョムスキー教授の言語学ならびに認知科学に対する貢献太田朗7〜10
派生と表示の経済性に関する覚書N.Chomsky,
内田平訳
11〜56
統語論におけるバリアー概念について福井直樹57〜88
原理とパラメータのアプローチにおける受動構文長谷川信子89〜108
文法獲得関数の性質について大津由起雄109〜136
認知科学の研究対象としての科学的知識波多野誼余夫137〜153
論文フレーム問題をどうとらえるか松原仁155〜187
知能・理解・知識三宅芳雄189〜220
日本認知科学会報および「認知科学の発展」編集後記西川泰夫

第3巻 特集「メンタル・スペース」

認知科学の発展 Vol.3,日本認知科学会編,講談社 1990,2,900円
特集「メンタル・スペース」 ゲストエディタ:坂原茂,長尾真

タイトル著者ページ
領域と結合G.Fauconier,
坂原茂訳
1〜28
役割、ガ・ハ、ウナギ文坂原茂29〜66
対話における聞き手領域の役割について田窪行則67〜84
談話管理理論からみた日本語の指示詞金水敏
田窪行則
85〜116
メンタル・スペース理論の形式化に向けて伝康晴117〜152
表現と言語理解理論としてのメンタル・スペース理論J.Dinsmore,
坂原茂訳
153〜208
論文直接プライミング効果の多層性原田悦子209〜228
日本認知科学会報および「認知科学の発展 Vol.3」編集後記西川泰夫

第4巻 特集「学習」

認知科学の発展 Vol.4,日本認知科学会編,講談社 1991,2,900円
特集「学習」

タイトル著者ページ
認知科学における学習モデルの研究安西祐一郎1〜22
EBLにとって説明とは何か山田誠二23〜50
コネクショニズムと学習石川真澄51〜78
人間の学習におけるプラグマティックな表現の役割鈴木宏昭
村山功
79〜103
日常的認知活動の社会文化的制約三宅なほみ
波多野誼余夫
105〜131
プラトンにおける「学習と対話」高橋久一郎133〜149
論文こめかみ鏡映書字の謎守一雄151〜170
熟練者の地図記号理解村越真171〜197
談話管理理論からみた日本語の指示詞【訂正】金水敏
田窪行則
199〜201

第5巻 特集「インタフェース」

認知科学の発展 Vol.5,日本認知科学会編,講談社 1992,3,200円
特集「インタフェース」 ゲストエディター:海保博之

タイトル著者ページ
インタフェースの認知科学的諸問題海保博之1〜4
ヒューマン・インタフェースは異文化交流の場である佐伯胖5〜27
ヒューマン・インタフェースと情報の構造田村浩一朗29〜47
コンピュータネットワーク利用場面における他者の役割野島久雄
阪谷徹
49〜71
製品開発におけるインタフェース評価旭敏之
井関治
宮井均
73〜105
論文Adaptive Junctionの内部表現味岡義明
安西祐一郎
107〜142
一般学習機構を用いた言語獲得の計算モデル錦見美貴子
中島秀之
松原仁
143〜185
ショートノートシミュレーション・プログラム作成の思考過程竹市博臣
市川伸一
187〜200

第6巻 特集「視覚とイメージ」

認知科学の発展 Vol.6,日本認知科学会編,講談社 1993,3,200円
特集「視覚とイメージ」 ゲストエディター:乾敏郎・市川伸一

タイトル著者ページ
認知科学における視覚とイメージ研究の動向乾敏郎
市川伸一
1〜19
「陰影から形状へ」のアプローチ早川秀樹21〜37
認知発達の計算理論宮本健司
岡留剛
山田尚勇
39〜80
イメージの個人差について菱谷晋介81〜117
1、2歳児の対象表現における描画活動の発達山形恭子119〜141
論文他動詞・受動・間接受動構文の認識的基盤田原薫143〜171
ディスカッション「感覚のうちになかったものは思惟のうちにはない」黒崎政男173〜179
ショートノートフレーム問題の疑似解決のためのヒューリスティックスとしての因果律松原仁
橋田浩一
181〜193
系列外挿課題を扱うためのパターン記述言語平賀譲195〜211

第7巻 特集「分散認知」

認知科学の発展 Vol.7,日本認知科学会編,講談社 1994,3,200円
特集「分散認知」 ゲストエディタ:中島秀之,三宅なほみ

タイトル著者ページ
認知の状況依存性と分散認知中島秀之1〜4
実時間両方向探索の経験石田亨5〜33
石田論文へのコメント三宅なほみ34〜40
日常活動の構造化L.Suchman,
土屋孝文訳
41〜57
サッチマンの相互作用主義について橋田浩一58〜62
橋田氏のコメントに対する返答L.Suchman,
三宅芳雄訳
63〜66
社会分散認知システムにおいて知はどこに存在しているか?E.Hutchins,
高橋和広訳
67〜80
社会分散認知と人間の認知斉藤康己81〜88
斉藤氏のコメントに対する返答E.Hutchins,
高橋和広
落合弘之訳
89〜99
論文知識の組織化に関する認知的側面J.L.Mey,
斉藤洋典訳
101〜124
理由―行為型の談話におけるゼロ代名詞の解釈中川裕志125〜140
睡眠覚醒サイクルの状態図金森憲雄141〜158
知能の設計原理に関する試論橋田浩一
松原仁
159〜201