スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

2017年度冬のシンポジウム

日本認知科学会冬のシンポジウム2017
「跳び出す心,拡がる身体:プロジェクション・サイエンスの確立に向けて」

企画趣旨
人間は内的に構成された表象(内部モデル)を、プロジェクション(=投射)という心の働きにより、
世界の中に位置づける。これによって、私たちの認識する世界は、動物や機械のそれとは全く異なる、
豊かな意味に彩られたMixed Realityとなる。そして、このMixed Realityとしての世界と相互作用を
することで、人間固有の文化、社会、制度を築き上げてきた。ところが、これまでの多くの認知研究は、
刺激の受容から内部モデルの構築までの研究がメインであり、プロジェクションという心の働きにつ
いて十分な蓄積があるわけではない。プロジェクション・サイエンスは、多様な学問分野の知見を統合
することで、こうした現状を打開し、心の研究の新しいステージを作り出すことを目的としている。
本シンポジウムは、プロジェクションと密接な関わりを持つ、身体、VR、知覚、文化の分野で先端的な
研究を展開している研究者と、コーディネータ、オーディエンスとのインタラクションの中で、この
新しい科学の輪郭と拡がりを明確にすることを目的としている。

日時:12月16日(土)
場所:青山学院大学 青山キャンパス6号館621教室
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

参加費:無料

共催:青山学院大学教育人間科学研究所
連携SIG:知覚と行動モデリング(P&P), 学習と対話(L&L), 教育環境のデザイン(DEE), 芸術と情動(A&E)各分科会

10:00 - 16:00:受付

10:30 - 11:00:プロジェクション・サイエンスの射程
トーク:鈴木宏昭(青山学院大学)

11:00 - 12:00:身体はどこまで拡がるか:身体とプロジェクション
コーディネータ:嶋田総太郎(明治大学)
トーク:田中彰吾(東海大学),大住倫弘(畿央大学)

12:00 - 13:00:運営委員会

13:00 - 13:30:総会

13:30 - 14:30:身体を拡張する仕組みと仕掛け:VRとプロジェクション
コーディネータ:小野哲雄(北海道大学)
トーク:鳴海拓志(東京大学)

14:30 -15:30 なぜ物は頭の中には見えないか?:知覚とプロジェクション
コーディネータ:薬師神玲子(青山学院大学)
トーク:鳥居修晃(東京大学)・望月登志子(日本女子大学),仁木千晴(東京女子医科大学)
指定討論者:石口彰(お茶の水女子大学)

15:30 -15:45:休憩

15:45 - 16:45:心はどこまで跳び出すか:文化的表象とプロジェクション
コーディネータ:岡部大介(東京都市大学)
トーク:辻泉(中央大学),塚田修一(東京都市大学)

16:45 - 18:00:コメント及び総合討論
コーディネータ・司会:鈴木宏昭(青山学院大学)・川合伸幸(名古屋大学)
総括コメント1:堀浩一(東京大学)
総括コメント2:横澤一彦(東京大学)