スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

「認知科学」特集(24巻3号)論文募集のお知らせ

特集タイトル若手研究者の認知科学
掲載予定巻号第24巻第3号(2017年9月発行)
担当編集者内海彰・中村國則(『認知科学』編集委員会)

企画趣旨

学術分野の発展が若手研究者の研究活動に支えられていることは言うまでもあ
りませんが,特に認知科学のような学際的な分野では,多様な分野の若手研究
者の自由な発想に基づいた研究が不可欠です.日本認知科学会では,これまで
も様々な形で若手研究者の研究活動を支援してきましたが,若手研究者にとっ
ての最たる関心事は研究成果を論文にまとめて迅速に公表し,キャリアパス形
成や助成金獲得につなげることです.そこで編集委員会では,テーマを限定し
ない若手研究者を対象とした特集を企画いたします.通常の特集と同様に,あ
らかじめ論文の掲載予定号やそれまでのスケジュールを明示したうえで,論文
の査読を行います.

特集号で扱う論文

通常の一般投稿と同様に,テーマは限定せずに,認知科学に関係する内容の論
文を広く受け付けます.

投稿資格

投稿の時点で第一著者が以下のいずれかに該当する場合を対象とします.
・大学や大学院に在学中の学生の方
・大学院修了(博士課程単位取得退学を含む)後3年以内の方

その上で,「認知科学」投稿規程の「著者の資格」(投稿原稿の著者のうち少
なくともひとりは本学会の会員であるか,または入会手続き中でなければなら
ない.)を満たすことが必要です.したがって,第一著者が会員である必要は
ありませんが,その場合には,第一著者が上記の資格を有することがわかるよ
うな書類(例:学生証の写し)を投稿時に提出してください.

投稿方法

本特集では,プロポーザル方式で原稿を募集します.投稿を希望する場合には,
以下の要領にしたがって,プロポーザルを提出してください.

・プロポーザル:2016年11月7日(月)までに,以下の(1)~(8)を記した
プロポーザル文書を電子メールで提出してください.件名は「若手研究者論文
特集プロポーザル」としてください.
(1)論文タイトル
(2)論文種別(研究論文,展望論文,ショートノート),
(3)著者氏名・所属・連絡先(住所,電話番号,e-mailアドレス)
(4)論文の目次案
(5)アブストラクト(日本語の場合は400字程度,英語の場合は200 words程度)
(6)研究分野・領域(巻末の一覧から選択,複数選択可)
(7)キーワード(5個程度)
(8)書こうとしている論文の内容を,A4で3~4枚程度の分量で,研究の目的・
方法・結果・考察などを明確にまとめてください.

なお,論文プロポーザルの代わりにフルペーパーを提出していただいても結構
ですが,その際にも上記の(1)~(7)の内容はすべて含めてください.

・論文投稿:プロポーザルで執筆が認められた著者は,2016年12月12日(月)
までに,論文を電子メールにて提出してください.その際に,件名は「若手研
究者論文特集投稿」としてください.投稿する論文は,『認知科学』の投稿規
程,執筆規程にしたがって執筆し,「電子投稿の要領」にしたがって投稿して
ください.

提出先

プロポーザル,論文投稿ともに,以下のアドレスに提出してください.
jcsedit-jimu_at_jcss.gr.jp
(_at_ を @ で置き換えてください.)

投稿から査読,掲載に至るまでのスケジュールは以下の通りです.プロポーザ
ルや論文投稿以外のスケジュールはあくまでも予定ですので,前後することが
あります.査読結果によっては,第24巻3号の掲載に間に合わない場合もありま
すが,その際には,著者の希望に応じて,通常の投稿論文として査読を継続す
ることができます.
2016年11月7日(月)プロポーザル締切
2016年11月11日(金)論文執筆可否の決定と執筆依頼
2016年12月12日(月)論文投稿締切
2017年1月31日(火)査読結果の返送
2017年3月31日(金)修正論文の提出締切
2017年4月30日(日)再査読結果の返送(採否決定)
2017年5月31日(水)最終原稿の提出締切
2017年9月1日(金)『認知科学』第24巻3号掲載

問い合わせ先

本特集に関するお問合せは,以下にお願いいたします.

『認知科学』編集委員会事務局
jcsedit-jimu_at_jcss.gr.jp
(_at_ を @ で置き換えてください.)

研究分野・領域一覧:分野,領域からそれぞれ1つ以上のキーワードを選んで
ください.

分野:a.心理学 b.言語学 c.情報科学 d.哲学 e.社会学 f.教育学 g.神経科学
h.生理学 i.精神医学 j.文化人類学 k.社会科学 l.その他(   )

領域: 01.視覚 02.聴覚・音声 03.その他の感覚知覚 04.言語 05.読み書き
06.音楽 07.学習 08.発達 09.推論・思考 10.記憶 11.知識 12.教育 13.感情
14.問題解決 15.相互作用 16.インタフェース 17.コミュニケーション
18.支援システム 19.ロボティクス 20.パターン認識 21.運動 22.遂行
23.意思決定 24.自己と性格 25.臨床生理 26.注意 27.複雑系 28.社会心理
29.動物認知 30.ニューラルネット 31.研究法・統計 32.その他(   )