スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

「認知科学」特集(23巻3号)論文募集のお知らせ

特集タイトル学校内外の学びをつなぐ
掲載予定巻号第23巻第3号(2016年9月発行)
担当編集者岡部大介(東京都市大学),益川弘如(静岡大学),伊藤崇(北海道大学),白水始(国立教育政策研究所)

企画趣旨

 ICTやデータサイエンスの力で,学校でのフォーマルな学習と学校外での
インフォーマルな学習をシームレスに支援・評価する世界が実現されつつあ
る.学校内でも,毎日の授業に見られる子供同士の会話や子供と教師のやり
取りなど相互行為を可視化・数量化し,授業改善につなげる試みも始まって
いる.しかし,テクノロジが力を増したこの世界で私たちがいかなる教育を
行いたいのか,学校の中だけでも多様で複雑な子供たちの学びの過程を,さ
らに学校の外といかにつなぐのかについては十分に検討されていない.
 例えば,一つのシナリオとして,典型的な「学校的学び」─つまり一定時
間内にどれだけ早く正解にたどり着けるかを競うような学び─が学校外にも
シームレスに拡張され,人生のゴールから逆算して日々のすべきことが高度
にプログラム化される世界が描かれるかもしれない.これに対して,もう一
つのシナリオとして,学校外での人の自然な学び─その場の道具や他者と,
自分の考える力とを十分に使って,学ぶことで次の問いを見つけ続けるゴー
ル創発型の学び─が学校に持ち込まれ,経験と科学や学問が有機的に結び付
けられて生活の質に貢献する生成的な世界が描かれる可能性もある.この二
つのシナリオを対比したとき,例えば,今のビッグデータベースの受験・教
育産業はどちらにも転ぶ危険性をはらむ.公教育もまた,どちらのシナリオ
を実現するか,不透明なところである.
 そこで本特集では,学校内外の学びを広く対象として,学習科学や行動科
学,データサイエンス,状況論的アプローチ,認知論的アプローチなど学問
分野や手法を問わず,学校内外の学びをいかにつなげるか,人の一生に亘る
学習をいかに支えるかに資する研究を集め,私たちがこの先,テクノロジの
力を使いこなして,どのような世界を創り出していくべきかの議論を交わす
機会としたい.
 なお,この特集は本年相次いで亡くなった上野直樹氏,三宅なほみ氏に追
悼するものでもある.両者はそれぞれ学校外の学び,学校内の学びというフ
ォーカスの違いはあったが,学校的(後ろ向き)な学びを乗り越えようとし
た点では共闘していたと考えられる.その遺志を継いで,より面白い学びの
形を実現するためにこの特集を企画した.さらに,本特集は2015年のJCSS
オーガナイズドセッション「学校の学びを捉え直す:これからの学校教育に
向けて」を母体としており,オーガナイズドセッションから特集への流れを
創り出す先例となるものでもある.

特集号で扱う論文

・ICTやビッグデータ,データサイエンスを活用した学校外での学習(家庭
学習も含む)の支援や評価研究
・タブレット等のICTやロボットを用いた学校内外のシームレスな学習の接
続を支援する開発や評価研究
・学校内外での子供たちの発話・会話に関する音声認識・言語解析等の技
術を応用した学習過程やコミュニケーション解明を狙う研究
・学校内外での子供たちの行動に関するウェアラブルセンタやデータ解析
技術を応用した学習過程やコミュニケーション解明を狙う研究
・学校内外での経験や知識を転移・領域横断させる実践的な研究
・学校内外での子供の学ぶ力や思考力,表現力等の発現を支援・評価する
研究
・博物館や美術館等の学校外のインフォーマルな場面における学びの特徴
や可能性を探索する研究
・アート,工作,遊びなど組織的ではない創発的な学びの過程に関する研

・少数の対象児童生徒の学校内外の学習を詳細に追った研究

※学校内か学校外のどちらかの教育・学習に特化した研究でも構わないが,
その場合は,扱わなかった領域への示唆を与える視野の広い研究を求めたい.

応募方法

 本特集では,事前エントリー方式で原稿を募集する.執筆を希望する場合
は,事前エントリーをすませた上,期日までに論文原稿を送付する必要があ
る.

事前エントリー:2015年11月1日(日)までに,論文タイトル,論文種別
(研究論文,展望論文,ショートノート),著者氏名・所属・連絡先(住所,
電話番号,e-mailアドレス),1000字程度のアブストラクト,キーワード
(5個程度)を電子メールにて提出する.件名は「認知科学23-3事前エント
リー」とすること.

論文提出:事前エントリーを済ませた著者は,2016年1月10日(日)までに
本論文を電子メールにて提出する.件名は「認知科学23-3投稿」とする.
投稿する論文は,『認知科学』の投稿規定,執筆規程にしたがうものとする.

提出先

事前エントリー,論文提出ともに,以下のアドレスに提出するものとする.
 jcss2016manabi@gmail.com
なお,提出後数日以内に,受領確認のメールを著者に送付する.

おおむね下記のようなスケジュールを予定している.ただし,諸事情によ
り変更の可能性がある.
2015年11月1日(日) 事前エントリー〆切
2016年1月10日(日) 論文投稿〆切
2016年2月28日(日) 査読結果の返送
2016年3月30日(水) 修正論文の提出〆切
2016年4月30日(土) 再査読結果の返送(採否決定を予定)
2016年5月30日(月) 完成稿提出の〆切
2016年9月1日(木) 『認知科学』第23巻3号掲載