スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

「認知科学」特集(23巻1号)論文募集のお知らせ

特集タイトルことばはどのようにしてことばになるのか:発達,獲得,進化から見たことばの本質
掲載予定巻号第23巻第1号(2016年3月発行)
担当編集者針生悦子(東京大学)・岡田浩之(玉川大学)・小林哲生 (NTT)

企画趣旨

言語の発達や獲得,進化にかかわる研究を広く募集する.言語は人間だけに与えられたコミュニケーションツールなのだとしても,我々人間は言語のためにそれ専用の器官やチャンネルを備えているわけではない.手話のために使う手や表情,音声言語のために使う音声,(我々の身体に備わった“器官”ではないが)文字コミュニケーションで用いる線や点も,もともとは言語のためにそこにあったわけではない.しかし,人間は進化の中で,子どもは成長する中で, また,大人も新しいツールや手段の登場にともない,もともと別の目的や用途,何かの副産物にすぎなかった“それ”を記号に変え,記号の領域を広げてきた.もともと記号でなかったものは,どのような瞬間に,どのような要件のもとで,我々にとっての記号に変わるのか.また,このようにして記号化された“ことば”が,実際にそれが発せられる状況や文脈のなかで,真のコミュニケーションツールとして機能するようになるには,そのさきにまだ必要なことはあるのか.あるとすれば,それはどのようなことで,我々(あるいは我々のモデルになるようなエージェント)はそのプロセスをどのように乗り越え,こなし,ものにしているのか.以上のような,言語の発達や,獲得,進化のあり方やそこから言語の本質を垣間見させてくれるような研究を広く募りたい.

特集号で扱う論文

日本語または英語で書かれた研究論文,展望論文,ショートノートを募集する.広い意味での言語の発達や獲得,進化と関連した心理学的研究,神経科学的研究,社会心理学的研究,比較認知科学的研究,動物行動学的研究,人工知能研究,シミュレーション,理論的研究,応用的・実践的研究などを対象とする.

応募方法

 投稿資格:投稿原稿の著者のうち少なくとも一人は日本認知科学会の会員であるか,または入会手続き中でなければならない(詳しくは「認知科学」の投稿規定を参照).
 本特集では,事前エントリー方式で原稿を募集する.執筆を希望する場合は,事前エントリーをすませた上,期日までに論文原稿を送付する必要がある.
 事前エントリーは,2015年5月16日(土)までに,論文タイトル,論文種別(研究論文,展望論文,ショートノート),著者氏名・所属・連絡先(住所,電話番号,e-mailアドレス),1000字程度のアブストラクト,キーワード(5個程度)を電子メールにて提出する.投稿する論文は,「認知科学」の投稿規定,執筆規定にしたがうものとする.

提出先

事前エントリー,論文提出ともに,以下のアドレスに提出するものとする.
   jcss2016kotoba [at] gmail.com
なお,提出後,一週間以内に,受領確認のメールを著者に送付する.

2015年5月16日(土) 事前エントリー締切
2015年7月 1日(水) 論文投稿締切
2015年8月25日(火) 第一回査読結果返送
2015年9月30日(水)  第二回論文提出締切
2015年10月30日(金) 第二回査読結果返送
2015年12月13日(日) 最終稿提出締切
2016年3月1日(火) 特集号掲載