スマートフォン表示をOFFにする

日本認知科学会

サイトマップ | 日本認知科学会について
入会のご案内

学会誌「認知科学」への投稿について

日本認知科学会(Japanese Cognitive Science Society)は「知」の総合的な科学を構築するための学際的な研究交流の場として 1983年に設立されました。心理学、人工知能、言語学、脳神経科学、哲学、社会学などさまざまな背景を持つ会員が知の総合科学を目指して、活発な研究活動を行なっています。「認知科学」は1994年度から刊行を始めました。論文の投稿をお待ちしています。

投稿原稿の種類

「認知科学」の原稿には、投稿原稿と依頼原稿の二種類があります。投稿原稿は認知科学に関する未公刊の内容とします。
投稿原稿には主として以下の三種類があります。この他に、書評、会議報告、誌上討論もあり、投稿を歓迎します。

研究論文オリジナルな理論的、または実証的研究の報告
展望論文サーベイや評論など
ショートノート資料、速報的な内容の小論文

投稿資格

投稿原稿の著者のうち少なくとも一人は本学会の会員であるか、もしくは入会手続き中でなければなりません。


執筆上の注意

掲載の費用

掲載に関わる費用は基本的に無料ですが、カラー図版などの特殊な処理を必要とするもの、大幅にページを超過するものなどの場合はそれに伴う費用を請求することがあります。
別刷りは要望があれば50部または100部をお送りします。ただし、刷り上がり2ページごとに4,000円(50部の場合)もしくは5,000円(100部の場合)の費用がかかります。また、超過ページに対する費用はこの倍になります。

著作権

掲載された論文の著作権は原則として本学会に属します。
著作権に関する問題は、著者の責任において処理することとします。
著作人格権は著者に属します。著者が自分の論文を複製、転載などの形で利用するのは自由です。ただしこの場合、著者は本学会にその旨を通知し、掲載先には出典を明記することが求められています。

投稿ならびに問合せ先

〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20
成城大学社会イノベーション学部
中村國則
日本認知科学会 編集委員会事務局(電子メールでの投稿はこちら

電子投稿の利用を推奨しています。ご協力をお願いいたします。
書式などについては、電子投稿の要領をご覧ください。